小高観光協会

お問い合わせ サイトマップ

TEL 0244-44-6014

福島県南相馬市小高区本町二丁目78番 (小高区役所内)

小高区について 観光案内 イベント情報
小高の偉人
大悲山大蛇物語 アクセス

大曲駒村(おおまがりくそん)

大曲駒村

 江戸川柳研究家 明治15(1882)年~昭和18(1943)年
 主な著書『川柳大辞典』『東京灰燼記(とうきょうかいじんき)』『枯檜庵句集(こびあんくしゅう)

 明治15(1882)年、当時の小高村に生まれ、本名を大曲省三と言います。
 明治29(1896)年、小高小学校を卒業後、現在の安積高校の前身、県立桑野中学に進学しましたが、病気退学で帰郷する事になり、その後明治33(1900)年、小高銀行に就職しました。
 明治34(1901)年、鈴木余生(憲法学者鈴木安蔵の父)、齋藤草加らと、小高に俳句グループ『渋茶会(しぶさかい)』を結成し、さらに明治39(1906)年、鈴木余生が病で亡くなった後、『浮舟会(うきふねかい)』を作りました。
 この時二十代前半の駒村は小高俳壇草創期のコーディネーターとして重要な役割を果たすとともに、明治20年から30年代にかけて正岡子規と一門たちによって始まった和歌の一大革新運動にも参加しており、今日の小高の俳句を中心とする文化活動を開拓した功労者でもあります。
 明治44(1911)年、刊行した『雙巌集(そうがんしゅう)』は、富士崎放江(ほうこう)湯浅十框(ゆあさじっきょう)とともに福島県内の俳人たちに呼びかけて河東碧悟桐(かわひがしへきごどう)高浜虚子(たかはまきょし)など来県時の作を持つ県外作者も含め三百人の二千二百句を収載した画期的な選句集です。
 大正6(1917)年、勤務先の小高銀行が倒産して失職しますが、のちに山八銀行に就職し、小高を離れた翌年、二万余句から自選した百七十句を句集『枯檜庵句集(こびあんくしゅう)』を刊行しました。
 大正11(1922)年、東京に移り安田銀行浅草支店長になり、大正12(1923)年、関東大震災に遭遇した駒村は、東京市内の罹災地(りさいち)を歩いて見聞し、新聞の記録など約300枚の震災ドキュメントをわずか一週間で書き上げた『東京灰燼記(かいじんき)』を、世上もっとも早い大震災ルポルタージュとして震災の一か月余り後に出版しました。
 昭和3(1928)年、『誹風末摘花通解(はいふうすえつむはなつうかい)』の刊行を開始、完結まで5年を要し、その後昭和14(1939)年『川柳辞典』第一(しゅう)の配本を始めました。
 多くの先人たちが挫折し、出版社もしり込みする大がかりで困難な事業でしたが、資金の調達をはじめ、編集、校正などいっさいを駒村ただ一人でやり遂げ、準備を開始してから15年を要しました。このとき、駒村58歳でした。
 晩年の駒村は句友たちの遺稿などを編集し、『永井荷風(かふう)氏著作書誌』の作成準備をすすめていましたが、昭和18(1943)年、脳溢血(のういっけつ)により満60歳の生涯を閉じました。

参考資料『小高町史』、『おだかの人物』

小高区について 観光案内 イベント情報 小高の偉人 大悲山大蛇物語 アクセス