小高観光協会

お問い合わせ サイトマップ

TEL 0244-44-6014

福島県南相馬市小高区本町二丁目78番 (小高区役所内)

小高区について 観光案内 イベント情報
小高の偉人
大悲山大蛇物語 アクセス

豊田君仙子(とよたくんせんし)

豊田君仙子

 俳人 明治27(1894)年~昭和47(1972)年
 主な著書 句集『柚の花』、俳誌『曲水』、『浦』

 明治27(1894)年、旧福浦村福岡に生まれ、本名を豊田秀雄(ひでお)と言います。
 大正2(1913)年、福島師範学校を卒業後20歳の時、相馬郡女場(おなば)尋常小学校で教員生活を始めます。
 大正5(1916)年、帰郷した君仙子の新しい俳句への出発点となる『曲水』創刊、主宰となり、大正12(1923)年、29歳の若さで信夫郡佐倉尋常小学校長に就任し、八沢小学校長、金房小学校長も歴任しました。
 昭和16年、郷里福浦村助役に抜擢されました。このときの福浦村長は、関西学院英文科卒業の『現代伊太利亜音楽』などの研究で広く知られている天野秀延でした。戦後の昭和21(1946)年、助役を退任し、その5年後福浦村教育委員会教育委員長を務め、小高町との合併後は、小高町教育委員長、文化財保護調査委員長を務め、「文化の町小高町」の発展に大きな功績を残しています。
 また、助役退任後は、君仙子に教えを請うて、田中一荷水(いっかすい)・遠藤梵天子(ぼんてんし)など若い俳人達の訪問がきっかけで俳句に復帰する事になり、昭和22(1947)年、『福島民友新聞』、その後『福島民報』『NHK郡山放送局ラジオ文芸』の俳句選者などを務めます。
 小高町福岡の自宅は、「東声居(とうせいきょ)」とも「涛声居(とうせいきょ)」とも言い、その庭前に一本の柚子の木があり、昭和26(1951)年に『柚の花』の句碑(“柚の花や 繭売りすみて 月夜なる”)が建立されました。
 昭和42(1967)年、小高町功労者表彰を受賞します。この時期、最愛の妻キクが亡くなり、その悲しみの中で句集掲載の俳句を自選し、昭和43(1968)年、句集『柚の花』を発行しました。
 昭和47(1972)年、君仙子は、小高町福岡の自宅「東声居」にて79歳の生涯を閉じます。
 その葬儀は小高町の金性寺(きんしょうじ)において行われ、弔問の列は長く続きました。

参考資料『小高町史』、『おだかの人物』

小高区について 観光案内 イベント情報 小高の偉人 大悲山大蛇物語 アクセス